無印良品「卓上ほうき・ちりとり」をレビュー!ゴミの取れ方が凄い

無印良品「卓上ほうき・ちりとり」をレビュー!ゴミの取れ方が凄い おすすめグッズ&サービス

レザークラフトをするようになってから、机の上が革切れで汚れることが多くなりました。

手でつまめる大きさのゴミならいいのですが、細かいカスも出てくるのでやはり「ほうき&ちりとり」が必要です。

そこで、無印良品の「卓上ほうき&ちりとり付き」を購入してみましたのでレビューします。

結論からいうと、ゴミも取れやすいし、使いやすいです。でも、ちょっとした欠点もあるのでご紹介します。

自立式&フック穴付きで置き場所にも困らない

無印良品「自立式卓上ほうき・ちりとり」

無印良品の「卓上ほうき&ちりとり付き」の最大の特徴は、自立するところにあります。

ほうきとちりとりがセットになった商品は、それこそたくさんありますし、100円ショップでも買えます。

でも、”自立する”という機能性を持ち合わせた商品は多くありません。

自立すると何がいいのか?ということですが、使い終わって気軽に置けるところが使ってて気持ちいいです。

あとは、縦に場所を取ることになりますから、収納スペースを節約できます。

さらに、本体にはフック穴がついているので、壁掛けはもちろん、自分でヒモを付けてみるなんていうのもアリでしょう。

サイズは以下のとおりです。

  • 幅 16cm
  • 奥行き 4cm
  • 高さ 17cm

ほうきがゴミをしっかりキャッチ!無印良品の安心感

ほうきがゴミをしっかりキャッチ!無印良品の安心感

機能性があっても、結局のところ、ゴミをしっかり掃けないとほうきの意味がありません。

さきほども言ったように、ほうき&ちりとりのセットは100円ショップでも買えます。

でも、安いほうきってゴミを掃いても上手く掃けないことが多い。ゴミをスルーしたりして、ちりとりに入ってくれないことがあります。

その点、無印のほうき&ちりとりはゴミをしっかりキャッチして掃いてくれます。

ほうきの毛並みを見る限り、あんまりたいしたことなさそうなんですけどね。

弱々しく見えるけど、ゴミはしっかり掃いてくれます。

サイズは少し大きめだが、コンパクトさは忘れてない

卓上ほうきというと、非常にコンパクトなサイズのものが多いと思います。

そういった商品と比べると、無印良品の卓上ほうきは少し大きいかもしれません。

でも、だからといって場所を取るわけではなく、大きさは過不足ありません。

サイズが小さすぎると、ゴミを掃くのに時間がかかってしまいますよね。

だから、個人的にはこの卓上ほうきのサイズ感はピッタリでした。

唯一のデメリットは、ほうきを外すときに大きな音が鳴ること(うるさい)

サイズも機能性もゴミの取れ高も文句ないのですが、唯一欠点があります。

それは、ちりとりからほうきを外すときの「音」です。

多くのほうき&ちりとりセットは、パチっとはめ込むタイプになっていますが、無印良品の卓上ほうきも例外ではありません。

写真を見るとわかるように、商品には以下のシールが貼ってあります。

この部分を親指でちりとり側へ押し付けると、ほうきが外れます。

無印良品「卓上ほうき・ちりとり」のシール部分

非常に親切で良いのですが、これを外すときの音がけっこううるさい。

「カチッ」とかではなく「バチっっっ!」っていう感じの音なので、わたしは不快に感じます(笑)

まあ取り外し方を工夫すれば音は小さくできるんですけどね。無印良品ならそこまで考えて、もう少し工夫して欲しかったな、なんて思います。

あと、無印良品には珍しく、この説明文の黄色いシールはきれいに剥がれません。

シールがきれいに剥がれる = 無印良品」というのが一つのブランド価値でもあっただけに、これには非常にガッカリしました。

手抜かないで、ここにも良いシール使って欲しい!(笑)

価格は安いし、買って損はなし!

最後のほうはデメリットが目立つ感じになってしまいましたら、総合点は85点くらい。十分に買いだと思います。

値段も390円と良心的だし、商品もしっかりしているので長く使えるはず(ただし、ネットで買うと割高です)。

100円ショップで買うのもいいですが、自立式の便利な卓上ほうきが390円、しかも無印良品ということであれば、こちらを買ったほうが長い目では良いと思います。

おすすめグッズ&サービス
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者

Web制作会社代表&ライター / WordPressは得意 / 抹茶スイーツ好き

Harsh Reality™

コメント