【FXトレード日誌】レンジのブレイクを狙うもダマシにあって損切り(-570円の損失)

5分足 FXトレード日誌
  • 【ドル円】108.477円で売りエントリー
  • 取引量:5,000通貨
  • IFO利確注文:108.277円(20pips)
  • IFO損切り注文:108.577円(10pips)
  • リスクリワードは 1 : 2
  • 結果→108.591円で決済
  • -570円の損失
スポンサーリンク

5分足

5分足

今日のエントリーはほとんど5分足を材料にしている。

108,700円から108,500円の間をレンジで動いているような相場だったが、108,500円のサポートラインを抜ければ下に大きく下落するのではないかと予測。

大きな陰線でサポートを抜けたので、思い切って売りエントリー。

しかし、そのあとすぐに大きな陽線をつけてレンジに戻ってしまった。いわゆるダマシというやつ。

今回の敗因は、ダマシではないことを確信するまで待てなかったこと。

サポートを抜けたあと、すぐに大きな陽線でレンジに戻ってしまった。つまり、このチャートを見るまで待てれば、エントリーはせずに済んだはず。

売りエントリーしたときの心境を思い返すと、やはり「早くエントリーしなきゃ」という願望が出てしまっていたと思う。

ちなみに、今日はOCOの利確・損切り注文を出していたはずが、注文を出せていなかった。

家に帰って注文画面を見たときに、たまたま含み損が-570円になっていたのをみて、あわてて損切り。

利確と損切りの注文は、確実におこなうこと。

FXトレード日誌
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者
厳しい現実

30歳からFXのデイトレを始めました。移動平均線とMACDを使ったシンプルな手法。目標は月収30万円!「大数の法則」を信じて、淡々と同じトレードをこなすスタイルを目指しています。

厳しい現実をフォローする
厳しい現実™【FXトレード日誌】

コメント