【FXトレード日誌】チャートが移動平均線より上で推移し、MACDも買いのサインを示す(+1000円の利益)

5分足 FXトレード日誌
  • 【ユーロ円】120.258円で買いエントリー
  • 取引量:5,000通貨
  • IFO利確注文:120.458円(20pips)
  • IFO損切り注文:120.158円(10pips)
  • リスクリワードは 1 : 2
  • 結果→120.458円で決済
  • +1000円の利益

ドル円はいずれの時間足もバラバラで一貫性がなかったので、ユーロ円でエントリーしてみた。

スポンサーリンク

5分足

5分足

5分足からわかることは、はっきりとした上昇トレンドを終えて、少し横ばいになってきていること。

ただ、長期の移動平均線(赤い線)は横ばいだが、長期線を短期戦が上に突き抜けるゴールデンクロスを見ることができる。

また、MACDは0より上にあるため、買いで入ったほうが優位性が高いと判断。

上と下に2本引いてある白い水平線は、いずれも上位足で意識されるラインなので、5分足をみて引いたものではない。

15分足

15分足15分足は、大きく下げたあと、大きく上げている。

移動平均線も3本がキレイに上を向いていることから、明確な上昇トレンドと判断。

長期の赤い移動平均線からかなり上放れしているため、少し調整を下げながらの展開にはなりそうだが、上昇トレンドは続きそう。

MACDは0ラインで反発して上を向いているため、上昇志向と見ることができる。

60分足

60分足

60分足は、下げトレンドが続いていたが、上値を切り上げて上昇している。

直近の数時間で連続の陽線があることから、上昇トレンドは強いものと判断。

また、赤い長期線を、緑色の短期線が上に突き抜けるゴールデンクロスも見せている。

MACDも0より上にあることから、買いエントリーと判断できる。

水平ラインは過去に意識されていそうなところに引いているが、エントリー時はまさにそこのラインを少し超えている瞬間。

下手すると、その水平ラインがレジスタンス(上値抵抗線)となって下げるおそれもあるが、全体的な上昇基調を優先して買いエントリーした。

エントリーしたときの心境

今日は月曜日。土日はトレードができず、久々の取引日ということもあり、「エントリーしたい願望」が出ていた気がする。

本来であれば、5分足、15分足、60分足のいずれでも優位性が見られる場合でしかエントリーすべきではないのだが、「エントリーしてもよい根拠」を強引に探していた感じも否めない。

「エントリーしたいからエントリーする」というのは、トレードをするうえではご法度。

ただ、その感情に気づいていながら、無意識レベルでエントリーを優先させてしまうから難しい。

結果的には勝ちエントリーになってよかった。

残念なのは、利確したすぐあとに10pipsほど吹き上げたこと。いつもOCOで利確注文を入れているから、こうした突発的な上昇を生かした利確ができない。

これもまあ、ないものねだりというか、成行で利確するのはいうほど簡単ではない。

FXトレード日誌
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者
厳しい現実

30歳からFXのデイトレを始めました。移動平均線とMACDを使ったシンプルな手法。目標は月収30万円!「大数の法則」を信じて、淡々と同じトレードをこなすスタイルを目指しています。

厳しい現実をフォローする
厳しい現実™【FXトレード日誌】

コメント