【FXトレード日誌】希薄な根拠で買いエントリー。いい加減なレバ5倍取引に反省【-500円】

FXトレード日誌

朝8時くらいからドル円チャートを見始める。

いまのところ方向性は乏しいのだが、気持ちのどこかで「エントリーしたい」という願望があったのだろう。

移動平均線とチャートとMACDがきれいな上向きになっていないにも関わらず、買いエントリーしてしまった。

まず1時間足はこんな感じ↓

安値を切り上げてはいるものの、長期の移動平均線は横ばい。高値は切り上げてない。

 

次に15分足を見てみる↓

チャートの中央に大陰線があり、ドカンと下げている。ただ、そのあとはジリジリと安値と高値を更新。

ただ、こちらも長期の移動平均線は横ばい。MACDは0を超えるあたりにいるものの、あまり信憑性が高いとは思えない。

そして5分足がコチラ↓

これだけ見ると、買いエントリーをしても良さそうなんだけど、いまいち弱い気がする。

移動平均の短期線と長期線は上向きだたが、中期線が横向きなのが気になる。

109.245円に水平線を引いているが、これを抜けたところでエントリーすべきだったのだが、あまり深く考えることなく109.248円で買いエントリーをしてしまった。

買ったときのことを思い返すと、完全に「エントリーしたい願望」が無意識に働いていたと思う。

その証拠に、レバレッジを5倍もかけてしまった。つまり、10万円の証拠金で5,000通貨を買ったということ。

ショボいと思われるかも知れないけど、このいい加減なエントリーが癖になるのは絶対に良くない。

これが1万通貨、10万通貨と増えていったときに、取り返しのつかない結果を招く恐れがあるから。

とはいえ、注文を出したすぐあとにOCOで利確と損切りの注文を出してあるので、万が一のリスクは起こらない。

以下が、具体的な数字。

  • 【ドル円】109.248円で買いエントリー
  • 利確注文:109.448円
  • 損切り注文:109.148円
  • リスクリワードは 1 : 2
  • 結果→109.148円(-500円)で損切り

結果的に10時前に大きな大陰線が発生し、ストップに引っかかって損切り確定。

やはり根拠の薄いトレードはダメ。

FXトレード日誌
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者
厳しい現実

30歳からFXのデイトレを始めました。移動平均線とMACDを使ったシンプルな手法。目標は月収30万円!「大数の法則」を信じて、淡々と同じトレードをこなすスタイルを目指しています。

厳しい現実をフォローする
厳しい現実™【FXトレード日誌】

コメント