【FXトレード日誌】意識される水平線を下回り、下降トレンドで売りエントリー【+360円】

FXトレード日誌
  • 【ドル円】109.069円で売りエントリー
  • 利確注文:108.848円(20pips)
  • 損切り注文:109.248円(10pips)
  • リスクリワードは 1 : 2
  • 結果→108.997円で決済
  • 360円の利益

11:40ごろにドル円を109.069円で売りエントリー。

エントリーの根拠は下値を切り下げながら、チャートがじりじり下がってきていること。

そして、109.080円あたりで意識されている水平ラインを下に割り込んだこと。

さらに、斜めに引いたレジスタンスラインを下に割り込んでいた。

MACDは0より下で推移している。

移動平均線は長期は横ばいだが、短期と長期は下降気味。

これは5分足のチャート↓

丸をつけたところで、水平ラインを2回割り込んでおり、そのあと陰線をつけている。

MACD線も下向きで、なおかつ0ライン以下の水準にある状態。

肝心の上位足も、意識されるラインを割り込んでいる。これは15分足↓

そしてこれが1時間足↓

下値を切り下げながら、下降トレンドに入ったと判断。また、MACD線も0を下回った直後なので、タイミングとしては良さそう。

懸念するとすれば、109円ちょうどのラインで上に反発しそうな感じ。ただ、過去のチャートを見る限り、109円はそこまで意識されてなさそうなので心配はないかも?

今回もOCO注文で、売りエントリー直後に利確と損切りの注文を入れている。

少しずつ下がってきているのだが、利確の108.848円にはなかなか届かない。

というわけで、23:30に決済注文をして利益確定。結局とれたのは7.2pips。

やはりレンジが続くと20pipsを狙うのはなかなかむずかしい。

FXトレード日誌
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者
厳しい現実

30歳からFXのデイトレを始めました。移動平均線とMACDを使ったシンプルな手法。目標は月収30万円!「大数の法則」を信じて、淡々と同じトレードをこなすスタイルを目指しています。

厳しい現実をフォローする
厳しい現実™【FXトレード日誌】

コメント