【FXトレード日誌】移動平均線とMACDが複数の足で上昇。買いエントリー【+200円の収益】

ドル円の日足 FXトレード日誌

本日、はじめての実弾エントリー。

まずは自分なりの勝ちパターンを見つけるために、小ロットで始める。

DMM FXとGMOは10,000通貨単位でしか取引ができず、リスクが高い。

よって、1,000通貨で始められる外為どっとコムでエントリーした。

ちなみに、今日の相場は109円台だったので、外為どっとコムなら【109円 x 1000通貨 = 109,000円】でエントリーできる。レバレッジは怖いので、当面は掛けるつもりなし。

さて、今日はSMA(単純移動平均線)とMACDの動きを見つつ買いエントリーで入った。

まずは以下の日足を見て、大まかな流れを読む↓

ドル円の日足

チャートが右上がり、MACDが0ラインより上にある、SMAが短期・中期・長期ともに上向きであることを確認し、日足のトレンドでは上昇基調と推測。

次に1時間足を確認↓

ドル円の1時間足

こちらはMACD線が下向きではあるものの、チャートが右上がりで、移動平均線が3本とも上昇基調。買いで入っても良さそう。

次に15分足を確認する↓

ドル円の15分足

こちらもきれいな右肩上がり。SMAの中期線だけが少し下降気味なのが気にはなる。

MACDは0より下だが、MACD線がシグナル線を上に突き抜けている。

上位足を確認したあと、いよいよ5分足を確認する↓

ドル円の5分足

5分足は、チャートが右に下がっており、なおかつSMAの長期線も右に下がっている。

ただ、MACD線が0ラインを超えてきており、上位足はすべて買い基調だったので買いエントリーと判断。

リスクリワードは以下のとおり。

  • 109.246円でエントリー
  • 利確の指値→ 109.446円
  • 損切りのストップ→ 109.246円
  • リスクリワードは 1 : 2 (10pips : 20 pips)

しばらくは利確も損切りも注文を入れる形でトレードをしてみる。

最初のうちはメンタルが不安定になることが予想されるので、利食いで欲が出たり、損切りが嫌になる可能性がある。

そのため、利食いは20pips、損切りは10pipsと固定することにした。注文後にすぐ利確と損切りの注文を出してしまう。

上のチャートを見ると、109.500円あたりに抵抗線となりそうなラインがあるので、本来であればそこまで引きつけて成り行きで確定したい気持ちはある。

とはいえ、最初からいきなりそんな芸当ができるとは思えないので、手堅く注文を出しておくことにした。

ひとまず、エントリーと利確 or 損切りの注文は出したので、チャートは見ずに読書をする。

その後、21時をまわったあたりで動きが活発になり、大きな陽線をつけて上昇した。

  • 【結果】
  • 109.446円で利益確定
  • +200円の収益(20pips)

あらかじめ出しておいた利食い注文に上手く引っかかり、初めてのエントリーで初めての収益達成。

ロット数が1,000通貨単位とかなりショボいので利益も少ないけど、大数の法則で優位性を見いだせるまではとにかく低リスクで挑む。

ちなみに、利確時のチャートはこんな感じ↓

利食い時のチャート

利食いしたポイントは、上昇トレンドの天井という感じで、そのあと急落。利食いの場所としては完璧というほかない。

109.450円あたりが意識されるラインだったので、来るかなとは思っていたけど、これは出来すぎ。

今日は非常にうまく行ったけど、浮かれずに。明日も同じトレードを続けて、勝率50%でも利益が出るように心がける。

FXトレード日誌
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者
厳しい現実

30歳からFXのデイトレを始めました。移動平均線とMACDを使ったシンプルな手法。目標は月収30万円!「大数の法則」を信じて、淡々と同じトレードをこなすスタイルを目指しています。

厳しい現実をフォローする
厳しい現実™【FXトレード日誌】

コメント