【FXトレード日誌】ユーロ円で買いエントリー。すべての時間足でパーフェクトオーダー

【FXトレード日誌】ユーロ円で買いエントリー。すべての時間足でパーフェクトオーダー FXトレード日誌
  • 05/21 19:54 約定
  • 【ユーロ円】118.397円で買いエントリー
  • 取引量:10,000通貨
  • 注文方法:IFD-OCO
  • 損切り注文:118.397円(-10pips)
  • 利確注文: 118.597円(20pips)
  • 結果:±0円

今日は日中に何度もエントリーをしようと思ったけど、自分の考える以下の条件がすべて揃うチャートではなかったので、踏みとどまった。

むやみにエントリーしなかったことに対して、自分を少しだけ評価してあげたい。

  • ・4時間、1時間、15分、5分足すべてでパーフェクトオーダー
  • ・買いエントリーはMACDが0より上、売りエントリーは0より下
  • ・水平ラインで、前回の高値(安値)を更新した

この条件を満たすチャートだけでエントリーするとなると、エントリー機会はかなり少ない。

ただ、今回のエントリーは上記の条件をほぼすべて満たしている。

まず、すべての時間足でSMAがパーフェクトオーダーを見せている(5分足はちょっと不格好な形だけど)。

気になる点といえば、その傾きだけ。少し傾きがゆるやかなので、明確なトレンドとは断言できない感じはある。

ただ、その角度を追い求めすぎると、いよいよエントリー機会が皆無になりそうなのでそこは目をつぶる。

MACDについては、すべての時間足で0より上で推移しており、買いエントリーの条件としては問題なし。

チャート全体としては明らかな上昇トレンドに入っていると考えられるので、買いエントリーで入るのに異論はない。

ただ、上昇を始めてから少し日数(時間)が経っているのが気になるところ。

上昇トレンドが終わるタイミングでは、必ず前回高値に引いたライン(上値抵抗線)で跳ね返される。

となると、今回自分が買った場所は、レジスタンスライン付近でもある。

つまり、たとえそのラインを超えて陽線を付けたとしても、ブレイクの騙しである可能性もあるわけだ。

ということは、たとえ前回高値を超えてレジスタンスラインを超えたとしても、そこでむやみに買うのは危険ということになる。

では、レジスタンスラインを超えて、なるべく確度の高い買いエントリーをするにはどうすればいいか?

残念ながら、いまの自分にはそれがわかってない。勉強不足だ。

チャートを追っていると、+5pipsにまで上昇してきた。だいたい含み益が+500円くらい。

これを見てしまうと「損で終わるのはもったいない」という気持ちになってしまったので、損切りを建値に変更。これで実質的にプラマイゼロで終われることになる。

ただ、これだけ明確なトレンドでトレーリングストップをするのはもったいない気もする。

損切りを建値に戻すということは、上昇中のちょっとした戻しでも損切りに引っかかってしまうことになる。

このあたりについてはまだ自分のなかでルールが定まってない。エントリー後に含み益が発生した場合、どれくらいのpipsでトレーリングストップをかけるのかを決めないといけない。

どの値幅が正しいのかわからないけど、とりあえずは+10pipsの含み益が出たら、決済を建値に移動するとか?

このへんはもっと勉強が必要だ。

“>

FXトレード日誌
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイト運営者
厳しい現実

30歳からFXのデイトレを始めました。移動平均線とMACDを使ったシンプルな手法。目標は月収30万円!「大数の法則」を信じて、淡々と同じトレードをこなすスタイルを目指しています。

厳しい現実™【FXトレード日誌】

コメント